第12回NBA結婚マナー講座 年賀状
ホーム > 第12回NBA結婚マナー講座 年賀状

第12回NBA結婚マナー講座 年賀状

年賀状の起源は、平安時代。

日頃、お世話になっている方や、
御無沙汰している方から届く年賀状は、

嬉しいものです。

 

◆「賀正」「迎春」「新春」など、
「謹んで」という文字が入らない賀詞は、

目上の方に対して、
失礼にあたります。

「謹賀新年」
「新年明けましておめでとうございます」等を、
用いるようにしましょう。

 

◆気を付けたい表現

御奥様 令夫人様→
(正)令夫人

(株)○○○○御中 ○○○○社長様→
(正)株式会社○○○○ 社長○○○○様

 

◆年賀状を出していない方への返礼状は、

松の内の1月7日迄に、
お相手が受け取るように、
投函します。

1月2日以降、出す日付は、
投函日の日付を書きます。

 

◆小寒の1月5日を過ぎたら、
寒中お伺い状を出します。

寒中お伺い状は、
立春の2月4日迄、出すことが可能です。

喪中の方へも、
寒中お伺い状を出しましょう。

 

◆「寒中お見舞い申し上げます」
「暑中お見舞い申し上げます」

が一般的に用いられていますが、

目上の方へは、

「寒中お伺い申し上げます」
「暑中お伺い申し上げます」

の表現が正式です。

 

◆立春の2月4日から、2月下旬までは、
余寒お伺い状を出します。

 

日本中央ブライダル協会 久保田華子 

Any copy or reprodiuction without permission is prohibited.

結婚マナー講座内容の無断複製・無断転用を禁じます。