第13回NBA結婚マナー講座 手紙
ホーム > 第13回NBA結婚マナー講座 手紙

第13回NBA結婚マナー講座 手紙

(1)縦書きの場合

前文:頭語(拝啓、など)+時候の挨拶

   安否の挨拶や平素の御礼など

主文:起辞(さて・このたび、等)+本文

末文:結びの挨拶

   結語(敬具・かしこ、等)

後付:日付

   差出人署名

   宛名+敬称

 

(2)横書きの場合

前付:日付

   宛名+敬称

   差出人署名

前文:頭語+時候の挨拶

   安否の挨拶や平素の御礼など

主文:起辞+本文

末文:結びの挨拶

   結語

 

※ポイント

◆「前略」(結語は草々)、「追伸」は、事務的な内容や目下の方へ用います。

目上の方に対して失礼にあたります。

◆時候の挨拶は日本の四季を表す内容です。女性は季節の草花を用いると優雅でしょう。

風花が舞う:青空にちらつく雪を花に例えた冬の季語です。

小春日和:小春は11月の異名で、11月の晴れた温かい天気の季語です。

◆お相手のは名前は行末に書きません。行末になる場合は改行し、次の行頭に書きます。

◆自分の呼称は行頭に書きません。

◆地名や熟語は、2行に分けて書かないようにします。

◆夫の呼称は、「主人」は使わず、姓のみを使います。

◆夫の代理で手紙を書く場合は、夫の氏名の左下に、小さく(内)と書きます。

◆封筒に手紙や書類を入れる場合、受け取るお相手が出し易いように、

表面が封緘面に向くように入れます。

◆修正液などは使わず、下書きし、清書するようにしましょう。

◆封筒や便箋にもあなたのお人柄が伝わります。

お相手の年齢や間柄を考慮し、選びましょう。

 

日本中央ブライダル協会 久保田華子 

Any copy or reproduction without permission is prohibited.

結婚マナー講座内容の無断複製・無断転用を禁じます。