第4回NBA結婚マナー講座 敬語
ホーム > 第4回NBA結婚マナー講座 敬語

第4回NBA結婚マナー講座 敬語

あなたの心・お人柄・品性が伝わる言葉遣い。

敬語は、3種(尊敬語・謙譲語・丁寧語)、

或いは、5種(丁重語・美化語)に区分されます。

 

1 尊敬語

お相手・話題になっている方を敬う言葉で、
動作・状態などを表現する時、用います。

(1)語彙と異なる表現

行く→いらっしゃる 言う→おっしゃる 

(2)語彙を「お~になる」「ご~になる」と変化させる表現

会う→お会いにになる 見る→ご覧になる

(3)語彙を「~れる」「~られる」と変化させる表現

会う→会われる 来る→来られる 

※尊敬の意味以外に、可能や受け身の意味に解釈される場合もあります。

 

2 謙譲語

自分自身・身内の者に関して、へりくだった表現をすることにより、
お相手・話題になっている方を間接的に敬う言葉で、
動作・状態などを表現する時、用います。

(1)語彙と異なる表現

行く→参る・伺う 言う→申す 

(2)語彙を「お~する」「ご~する」と変化させる表現

知らせる→お知らせする 案内する→ご案内する

 

3 丁寧語(丁重語・美化語)

上品な印象を伝える時、用いる表現です。

(1)語尾を「です」「ます」「ございます」などと変化させる表現

あれだ→あれです おはよう→おはようございます

(2)接頭語として「お」「ご」を付ける表現

水→お水 馳走→ご馳走

※大和言葉には「お」、また漢語には「ご」を付けます。

※「お」「ご」で始まる単語・動詞・動物名・植物名・外来語には付けません。

 

日本中央ブライダル協会 久保田華子 

Any copy or reproduction without permission is prohibited.

結婚マナー講座内容の無断複製・無断転用を禁じます。